目の下の「赤いクマ」は長時間のパソコンワークが原因だった




眼精疲労で「赤クマ」「紫クマ」ができる

私は毎日8時間以上パソコンで仕事をしていますが、40代から目の下のクマが気になり始めました。

ちょっとオーバーワーク気味だったり睡眠不足になると、すぐに目の下が濃くなってしまい、いかにも「疲れてます」という雰囲気に。
クマの種類をいろんな本やサイトで調べてわかってきたので、何とか対処しようと思いましたが、私の場合、青・黒・茶のクマのいずれにも当てはまりません。

色は赤っぽい。引っ張ったら少し薄くなる。

メイクで隠せなくはないけど、うまくファンデが乗らない。

調べると、これは「赤クマ」に分類されるようです。

akakuma_illust
下まぶたの目頭寄り部分が赤~紫色に見えて、クマのように見えることがあります。生体で赤や紫に見えるものは血液の色です。
(画像・解説引用:名古屋【エースクリニック】http://antiageing-m.com/kuma_tarumi/akakuma/)

 

原因は眼精疲労と目の周りの血行不良

目そのものを酷使したためにできるクマです。

パソコンやスマホなど、長時間画面を見続けると目の筋肉が固まってしまい、目のまわりの血行が悪くなります。
これが第一の原因。

そのほか、年齢からくる皮膚のたるみや血管の詰まりも加わると赤みを帯びてくることになります。
赤クマはクマの中でも比較的軽い症状とされ、こまめなケアで改善しやすいのだとか。
しかしほったらかしにしておくとそのまま青クマ、黒クマになり定着してしまうので、早めに対処が原則のようです。

 

赤クマの取り急ぎ対処法

基本は、「血行不良が原因」の青クマの対処と同じで大丈夫です。

取り急ぎやれるのは「ホットタオル」
青クマの場合は一時しのぎの対処ですが、赤クマの場合はこれだけで改善することがあります。

温めたあとは目の周りを軽くマッサージ
青クマ対処法でご紹介したツボ押しも効果的です。
また、眼精疲労をやわらげる目薬などで目の疲れを癒すことも大事。

 

生活習慣を見直して体の中から治す

 

睡眠をしっかり

言うまでもなくクマの原因すべてに必要なことですね。せっかくなのでクマ対策クリームを睡眠中に浸透させると良いでしょう。

目元をあたためる

毎晩、寝る前に目元にホットタオルか目元専用あたためグッズ。
私はこれ↓がお気に入りです。気持ち良くて、目や目の周りが疲れていたんだなーとあらためて思います。

お風呂は湯船にゆっくりつかる

これは目だけでなく、体全体にも大変良いので、ぜひ毎日の習慣に。

ビタミンK

出血したときの血液凝固の作用や、血液の流れを自然に整える働きのあるビタミンK。
パセリひき割り納豆ほうれん草などを積極的に食べることで補うことができます。
また、ビタミンK配合のクリームもあり、皮膚科では赤ら顔や目のクマの治療に使われることがあります。

眼輪筋を鍛える

赤いクマは、目のまわりの筋肉が固まってうっ血した状態なので、その筋肉をトレーニングするのも効果的。

ganrinkin1

眼輪筋トレーニングのやり方
(引用:スキンケア大学「目の下のたるみ改善に有効なのは顔の筋トレ」

眼輪筋全体を鍛える

  1. 目を軽く閉じます
  2. ゆっくりと目をギューっと閉じていき、そのまま5秒間キープします
  3. 少しずつ目の力を抜いていきます
  4. 今度は眉を上げて目をパッと開きます
  5. 5秒間キープしてから、ゆっくりと自然な状態に戻します

上まぶた部分を鍛える

  1. 人差し指を眉の上に置いて固定します
  2. そのまま眉をゆっくりと上げていきます
  3. 人差し指は上がってくる眉を下に押さえるようにして動かしません
  4. 上まぶたが伸びるところで5秒間キープします
  5. ゆっくりと元に戻します

下まぶた部分を鍛える

  1. 口を「お」の形にして鼻の下を伸ばします
  2. そのまま目線を上に向けて目の下を伸ばしていきます
  3. 下まぶたを引き上げるようにして、まぶしい表情をつくって5秒間キープします
  4. ゆっくりと元に戻します

また、目尻から口元に伸びている「大頬骨筋」や「小頬骨筋」という2つの頬の筋肉を鍛えると頬全体が上がります。目の下のたるみが気になる方は、頬のたるみも一緒に改善すると効果的です。

パソコン長時間操作のあとに目を休める

長時間操作が続くと肩こりと同様に目の筋肉も凝り固まります。
数時間ごとに遠くを見る、上下左右を見る、などで目の筋肉をほぐしたり、目を閉じて休ませるように。

 

ちょっとお金をかけられるなら

目元専門エステ

目元クマ徹底コース

プロの技術で徹底改善。
ハンドマッサージ、かっさ、アロマオイル、目元専用美容液、アイケアマシンなど、家庭では不可能なケアを施してくれます。
軽度の「赤クマ」ならその効果は実感しやすいそうです。

海外の目元専用ケア


ビーグレン 目元ケア トライアルセット 1800円

[セット内容]
・クレイウォッシュ(15g)
・QuSomeローション(20mL)
・Cセラム(5mL)
・トータルリペアアイセラム(5g)
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

この中の、「QuSome」「Cセラム」いうのがどうやらすごいようです。
この2つさえあれば目元のくすみ&クマ撃退ができそうですが、
前後のケア用にいろいろセットでくっつけてくれているみたいです。

医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen

 

目の下のクマ専用ビーグレン化粧品 初回限定トライアルを試してみた

2018年5月27日

 

ご参考になれば幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)