トレチノインとハイドロキノン 42日(6週)経過<全行程まとめ>




トレチノインとハイドロキノン ビフォー・アフター

2016年3月16日からスタートした、シミ取り作戦。
4月26日、当初の予定通り6週間の行程が終了しました。

最初と最後を比較してみます。

matome-1 matome-2

 

目立つシミ、かなり薄くなりました。

左目の上の親玉シミはかなりガンコでした。
今回の6週間では完全には消えてくれませんでした。

しかし全体的に薄くなり輪郭もぼやけたので、メイクするとほとんど見えなくなりました。

2016-0510

その他の変化。

・小さなシミは消えた
・毛穴が目立たなくなった
・目元のクマが薄くなった
・くすみが消え、ワントーンあがった気がする

家族や友人からも変化をほめられました!(^ ^)v

 

実施期間はちょっと短かった?

医療機関や個人輸入サイトによる推奨の塗り方は、

トレチノイン+ハイドロキノン2〜6週間(最長8週間)
ハイドロキノン → 4〜8週間(1〜2ヵ月)

とされているので、
最短は6週間(1ヵ月半)、最長で14週間(3ヵ月半)ということになります。
trehi-hydro-1
美容の悪魔」より図引用(ハイドロキノンとトレチノイン療法|使用方法や塗り方方法のまとめ)

今回、はじめての挑戦で様子見ということで1クールを短め(6週間)に設定しました。
それでも十分な効果が実感できました。
面積の小さなホクロのようなシミならこれで消せるということがわかりました。

顔全体が一度剥け替わるので、時間をかけたケミカルピーリングのようなものだと思います。
すすめてくれた知人が、レーザーでも消えなかったシミがこのやり方で消えたというのも納得です。
親玉シミも、もう少し長く続けていたら消えていたかもしれませんが、このあと休薬期間をおかなければならないので今回はあきらめて、次回の課題としました。

 

費用

6週間で使った金額は6660円でした。

my-kit7760

トレチノインはまだ半分以上残っています。ハイドロキノンはそろそろ終わり。ローションと日焼け止めはもともと家にあったものを使用、6週間で買い足すことはなかったため、実質6660円でした。

美容外科やエステに行くことを考えれば・・・安いですよね(笑)

トレチノインとハイドロキノン 今回のシミとりで私が利用した通販会社はこちら→くすりエクスプレス

 

1クール終了後はしばらく休薬期間

1〜2ヵ月の休薬期間をあけるなら次回は7月ということになりますが、ハイドロキノンは日光に当ててはいけないので、日射しの強い初夏〜秋口にかけてはやめておいた方が無難です。

たとえ日焼け止めをたびたび塗るとしても、汗で流れてしまいやすいので、夏は危険だといろんな方が警告されています。

挑戦するなら秋〜冬。

大事な用事の入らない時期を見つけて再挑戦してみたいと思います。

体験してみた私の個人的見解ですが、
必要な実施日数は、肌の状態・肌質・年齢によって個人差があるのだと思います。
一概に言えないから目安期間に幅があるのではないかと。
ターンオーバーの早い若い人なら短めでも効果があるのでは?

最初に何週間とプランを決めるのではなく、様子を見ながら期間を決めていくのもいいかもしれません。
とりあえず秋になるまでは日常的に日焼け止めを使い、新しいシミを作らないように気をつけておきたいと思います。

ladies_IMG_3791

 

休薬期間中のおすすめ商品

トレチ・ハイドロ休薬期間には、トレチノインやハイドロキノンが入っていないものでメンテして肌を休ませてあげてください。
刺激が少なく、毎日使っても大丈夫(期間の制限がない)で肌再生を促すものがベター。
おすすめなのはこの2つ。どちらも傷跡を治す効能で有名なクリームです。

◎グライコ6%(Glyco 6)クリーム

有効成分「グリコール酸」:天然植物から抽出しているのでアレルギーや炎症を起こしにくい。
コラーゲン、エラスチンの生成を促す働きで肌に弾力が戻ります。
おだやかなピーリングでニキビ跡を薄くするとのことで若い人の間でも人気が高く、販売サイトに口コミレビュー多数。

グライコの使い方と副作用は?実際に使ってみてピーリング効果を検証してみた(Glyco6)

2018年10月17日

◎プラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)

有効成分「ヒトプラセンタ」:肌のキズやシミを修繕。
安いのに高級美容液と同様の効果が実感できると口コミで評判が広まり、どの個人輸入代理店でも常にランキング上位。
私も毎晩使っています。細かいシワが消え、少しずつ白くもなります。

プラセントレックスの使い方に注意!美白実験ビフォーアフター公開

2018年1月17日

 

まとめ

シミが薄くなり素肌が若返ると気持ちも明るくなってきます。
更年期を乗り切る気分転換の方法としては、大成功だったかなと思います。

11回にわたる第一回シミとり作戦シリーズ、これにて終了です。

海外製品を個人輸入・・・「正規商品」と保証されていても、結果はあくまでも自己責任です。知人からすすめられたものの、最初ちょっとビビってました(笑)

最初にこの商品を知って試した人たちって、本当に勇気があるなあと思います。
日本政府の厳しい薬事チェックもないし医師の処方もない。
頼りは個人輸入業者のサイト上の説明文と、実際の利用者の声です。

この体験者の方々の貴重な情報が、今回予想以上の嬉しい結果を導いてくれました。
すさまじいスピードのターンオーバーは「肌荒れ」に見えるので、事前に知らなければ「私には合わないんだ!」と慌てて使用を中止していたことでしょう。

私の体験も誰かのお役に立てたらと思い、良いことも悪いことも包み隠さず記録してきました。
もし思うような結果が出なかったとしても、それはそれでひとつの情報として参考になるだろうと思い、リアル実況中継のぶっつけ本番体験レポ投稿でした。

これから商品を使うという方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

トレチノイン+ハイドロキノン体験記 全記事一覧

 

※大事なことなのでしつこいですが再度。効果を焦って塗りすぎると大変危険です!

トレチノインは、シミ面積の中央に「綿棒の先でちょんちょん」が基本ですよ〜!

 

補足情報1:強い刺激や肌荒れを避けたい場合は

トレチ&ハイドロが刺激が強すぎて合わないという方におススメなのがコスメライト。トレチノインとハイドロキノンのいいとこどり+炎症を抑える成分配合。

トレチノインが合わない人が大絶賛。米国ジェネリック品 コスメライトクリーム

2017年10月11日

 

補足情報2:体内からも肌再生を促すとより効果的

ケイ素(珪素/シリカ)は、お肌や髪、爪、血管、細胞壁などに含まれ、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンを作ったり、強化する働きをします。

シミ・シワ・免疫力にはケイ素が重要。その効果と摂取の仕方について

2018年6月23日

新陳代謝を促し、トレチノイン・ハイドロキノンの外側からのアプローチもより一層効果的に!
トレチ・ハイドロなど海外製品に抵抗がある方にもおすすめです。

ケイ素(珪素/シリカ)=お肌や髪、爪、血管、細胞壁などに含まれ、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンを作ったり、強化する成分

ケイ素de酵素

 

ご参考になれば幸いです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)