海外医薬品 個人輸入代行各社の本拠地・特徴について




トレチノインとハイドロキノン、安く買えるのはどこ?

私が「個人輸入」という言葉を知ったのは2年前。
初回は知人が勧めるものとまったく同じ商品を使ってみたかったので、おすすめされるままに「くすりエクスプレス」で注文しました。

しかしそもそも個人輸入って何だろう?

実はよくわかっていなかったので、次の注文の前にちょっと調べてみることにしました。

検索すると、結構いろんな業者があったんですね〜

主要業者の特徴を比較してみました。

もっと安い業者もあったのか・・・とか、日本の会社じゃなかったのね、とか、いろいろわかったので、一応記録しておきます。(2016年3月時点)

 

各社の本拠地や特徴を調べてみた

2016年の時点で「薬/個人輸入」検索で上位表示の店舗について調べてみました。

express

【店舗名】くすりエクスプレス
【事業所名】Bushido Enterprises Limited
【本拠地】イギリス領ヴァージン諸島 【出荷国】シンガポール
【特徴】ベストケンコー姉妹店/100%正規品問い合わせ対応早い(メール問い合わせに半日以内に返信きた)

 

logo-oosakado

【店舗名】オオサカ堂
【事業所名】Roy Union Ltd
【本拠地】香港
【出荷国】香港
【特徴】単価全体的に安い/同時に複数注文 US$2ずつ割引/グループ店舗多数:オオサカ堂、JISA、オランダ屋、彩香、アイエスティ、ベストイー、アスフ、ビリリティショップ、救急屋、うさパラ

 

logo-bestkenko

【店舗名】ベストケンコー
【事業所名】Bushido Enterprises Limited
【本拠地】イギリス領ヴァージン諸島
【出荷国】シンガポール
【特徴】100%正規品/旧「ベストくすり」/世界最大級の医薬品通販ショップ/同社の常任薬剤師が検品/個人輸入代行系のネットショップでは最古参

 

logo-idrug

【店舗名】アイドラッグストアー
【事業所名】(株)オズ・インターナショナル
【本拠地】日本
【出荷国】シンガポール
【特徴】日本法人/創業36年/厚生労働省の指導に従って運営している唯一の国内事業者/厚生労働省の指導基準に基づき海外の正式な薬局から調達

 

2018年12月追記:

私は上記にあげた輸入代行会社をよく利用しています。
5年ほどお世話になっておりますが、どの会社でも今までにトラブルは特にありません。

しかしアイドラッグストアー以外の3社は米国の「オンライン薬局を対象とした監視機関」に目をつけられているようで、過去にウェブサイト閉鎖やクレジット決済不可となる措置などをとられて存続の危機となったこともあったようです。

実は当サイトも、輸入代行各社へのリンクを貼っていたことでドメインを閉鎖されるという事態に陥りました。新規ドメイン取得し、すべてのリンクを外して再開するのに2週間ほどかかりました(汗)

日本では個人利用に限り、海外の医薬品の購入は認められています。
よく理解した上で使うなら、皮膚科や美容外科で高額な薬もジェネリックで大変安く手に入り、ありがたいシステムです。

しかし当然ながら、個人輸入はメリットもリスクも自己責任

自分の経験が、今後利用する消費者の方のお役に立てればと思い、商品や企業へのリンクをせずに情報提供だけを行うことにいたしました。ご検討の一助になれば幸いです。

 

※2018年度版の各社情報をまとめました。

▶  [2018年]トレチノイン最安値は?輸入業者比較
(2018/7/16更新)

▶ [2018年]ハイドロキノン最安値は?輸入業者比較
(2018/7/17更新)

 

ご参考になれば幸いです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)